正田醤油 環境方針
環境理念
 正田醤油は、地球環境の保全が人類の未来を保証するために不可欠であることを認識し、地球環境の保全に努め、安全で健康な社会づくりに貢献します。

 
 

ISO14001認証
  正田醤油では、1998年度から「環境にやさしい企業の実現」を目標に掲げ、環境保全に取り組んできました。その上で、これをさらに確実にするために、国際規格であるISO14001に基づく環境マネジメントシステムを構築し、2004年に本社、研究所で認証を取得いたしました。以来、毎年認証の範囲を拡大しており、2007年取得の正田フーズ館林工場を皮切りに、関連会社への拡大を進めました。

2004年 5月 本社、研究所(館林市)認証取得
2005年 7月 館林工場(館林市)認証取得
2006年 6月 館林東工場、流通センター(館林市)認証取得
2007年12月 正田フーズ(株)館林工場(館林市)【旧:正田食品】認証取得
2009年 1月 株式会社正田食品伊勢工場(三重県松坂市)認証取得
2010年 1月 株式会社正田食品水戸工場(茨城県東茨城郡)認証取得

2010年 1月

正田フーズ(株)本社工場(栃木県佐野市)【旧:ヤマト産業(株)】認証取得
 
 
1.地球温暖化防止対策
地球温暖化防止のため、館林東工場ではそれぞれの工程で使うエネルギー量を測定し、分析することで、むだなエネルギーを使わないように管理しています。また、営業車にハイブリッドカーを使用するとともに「正田Eco-style」運動として通年の冷暖房温度を管理するなど、CO2削減・省エネルギーに全社で取り組んでいます。
 
2.工場における環境保全活動
正田醤油には、東武鉄道・館林駅前の館林工場と、東北自動車道沿いにある館林東工場の2つの工場があります。館林工場は市街地に隣接していることが、館林東工場は年々生産設備を増強していることが特徴です。それぞれの特徴にあわせて、大気汚染防止、水の節約、黒かびの発生防止などの環境保全に取り組んでいます。
 
3.その他の取り組み
正田醤油では、醤油カスの100%再生利用、グリーン購入の推進、環境に配慮した容器・包装の採用、クリーンアップ正田ウォーキング大会の実施、新本社屋の建設に古材を積極的に再生使用するなど、すべての事業活動で環境に配慮するように努めています。
 
 
COPYRIGHT 2005 SHODA SHOYU CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED.
 
 

CORPORATE
会社案内

事業所一覧

経営理念・ビジョン

環境への取り組み

当社のCSR活動