ニュースリリース
 
2004.11.1
【 諸味蔵を改修した本社屋完成 】
 創業130周年記念事業の目玉プロジェクトとしてすすめておりました本社屋が完成いたしました。明治から大正期に建てられた諸味蔵(2004年3月に国の登録有形文化財に登録)を再生して活用した本社屋です。
 建物の上部は橋などによく見られる西洋のトラス構造、下部は日本の和小屋形式で、和の情緒あふれる木や土佐漆喰が美しい“和風レトロの蔵”ともいえそうな和洋折衷の造りが特徴です。 またパブリックスペースとしてのギャラリー・ホール棟も隣接しております。“古いものと新しいものの融合”をテーマに可能な限り使われていた古い木材や瓦を再利用し、補強には県産材を用いたほか、新規の瓦も藤岡市の窯で復元しました。自然光の優しい“照明”にあふれる室内は、建設当時の様式を味わうことができるよう工夫を凝らしております。
 2つの展示室からなる「正田ギャラリー」、イスなら170人収容可能な「文右衛門ホール」は地域貢献やメセナ活動の拠点として広く一般のかたにも開放する予定です。
 
COPYRIGHT 2005 SHODA SHOYU CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED.
 
 
 

INFORMATION
ニュースリリース
┃┣2018年
┃┣2017年
┃┣2016年
┃┣2015年
┃┣2014年
┃┣2013年
┃┣2012年
┃┣2011年
┃┣2010年
┃┣2009年
┃┣2008年
┃┣2007年
┃┣2006年
┃┣2005年
┃┣2004年
┃┗関連記事一覧

Q&A
┃┣商品について
┃┗醤油の雑学

お問い合わせ

プライバシー
┃┃ポリシー
┃┣情報セキュリティ
┃┃方針について
┃┗個人情報保護
方針について

工場見学について