ニュースリリース
 

2009.1.30
【 企業型確定拠出年金(日本版401k)制度導入 】
 社員の退職金制度として確定拠出年金制度を活用した新制度を構築すべく準備を進めておりましたが平成20年11月に厚生労働省関東信越厚生局長より確定拠出年金規約の承認を受け、平成20年12月1日付で新制度に移行いたしましたのでお知らせいたします。

1.制度導入の目的

これまで当社では基本給を基準にした退職一時金制度を採用しておりましたが、下記の理由により確定拠出年金(日本版401k)を活用した新制度を構築することといたしました。
  (1)社員の福利厚生を充実するため、退職金制度を改定、再構築することとし、今後も長期にわたって安定的に維持管理が可能な制度となるように検討を進めました。
  (2)退職金支給を確実に行うため、支払い原資を外部で保全でき、また企業にとっても財務リスクが低い制度を目指しました。
  (3)中途で入社した社員が不利にならないような制度となるように検討を進めました。
  (4)社員の老後の生活の安定に寄与するため、公的年金の補完となるような企業年金制度の導入を目指し、確定拠出年金を採用しました。

上記のような理由から確定拠出年金を導入し、これにより、社員に対する福利厚生の向上および社員の自立促進に寄与するものと考えております。

 
2.制度の概要

(1)導入時期    平成20年12月1日
(2)運営管理機関  株式会社群馬銀行
              東京海上日動火災保険株式会社
              日本レコード・キーピング・ネットワーク株式会社
(3)資産管理機関  住友信託銀行株式会社
              日本トラスティー・サービス信託銀行株式会社

以上

 
COPYRIGHT 2005 SHODA SHOYU CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED.
 
 

INFORMATION
ニュースリリース
┃┣2018年
┃┣2017年
┃┣2016年
┃┣2015年
┃┣2014年
┃┣2013年
┃┣2012年
┃┣2011年
┃┣2010年
┃┣2009年
┃┣2008年
┃┣2007年
┃┣2006年
┃┣2005年
┃┣2004年
┃┗関連記事一覧

Q&A
┃┣商品について
┃┗醤油の雑学

お問い合わせ

プライバシー
┃┃ポリシー
┃┣情報セキュリティ
┃┃方針について
┃┗個人情報保護
方針について

工場見学について